suuノォト

30代だってキラキラ生きたい!アラサー独女のenjoy life!

「そうだ、球場へ行こう!」野球観戦初めてさんに捧ぐ球場を楽しむための3ステップ。

f:id:suuulow:20171010143014j:image

こんにちは。

福岡県は北九州に生まれ育ち、小さな頃から必然と地元球団である『ソフトバンクホークス』を応援し続けてます。シーズン中球場へ行けない時は、スポーツニュースをチェックして1日を終えるのが日課です。

 

こんな私も、熱狂的に好きになったのは2014年から。最初はライトなファンでした。

「地元球団だし勝ってくれたら嬉しいなぁ」みたいな。

 野球好きの友人からの誘いでヤフオクドームへ観戦に行ったのを機に「野球おもしろい!」ってなってからハマっていきました。

今ではもうホークス無しでは生きていけません(苦笑)

 

今回はそんな私が半ばおせっかい気味に

「野球行ってみたいけど、なかなかきっかけがない」

「そもそも野球観戦ってどうすればできるの?」

…など、野球観戦(特にホークス戦)に行ったこと無い方へ球場を楽しむための3ステップをお届け致します!

(ちなみに、ここでは球場=ヤフオクドームになることをご了承ください。。)

 

【ステップ1】観戦するにはチケットが必要!まずはチケットを購入しよう!

まず、球場へ入るにはチケットが必要です。

試合日程については、ソフトバンクホークスのホームページをチェックするか、九州内ですと主要コンビニエンスストアに、試合日程含め様々な情報が載った冊子が置いてたり、ポスターが貼ってあったりするのでそちらでチェックして頂くのが適当です。

 

◆チケットはどこで購入できると?

観戦日程が決まれば、チケット購入といった流れになります。

初めてさんにとってチケット購入のハードルが低いのは、やはり ローソンチケット、チケットぴあ、イープラスでのチケット購入です。コンビニエンスストアで気軽に購入できちゃうのがいいですよね。

ヤフオクドームの窓口でも購入可能なのですが、まずはお手軽感のあるコンビニエンスストアでの購入をオススメします。

 

◆席種はどこがよかと?

 ヤフオクドームだけではなく、どこの球場へ行くにしても必ず「席種」を選択しなければいけません。

ちなみに席種によってチケット代が異なります。何なら応援の熱量も違います。。

▼ヤフオクドームの席種はこんなにあります!

f:id:suuulow:20170923215233j:image

 

初めてさんにとっては何が何かわからないですよね〜。

席種選びはどう楽しみたいかによって異なります。

初めてさんはまず、外野席と内野席のどちらかにするがいいかと思います。

他にも席種は多々あるのですが、それらは価格も高かったりメリットも異なるため、まずは一度球場へ足を運んでもらって「また行きたい!」と思ってからのチャレンジでよいかと!

 

◆ガッツリ応援したい方には、外野席がオススメ!

攻撃中はずっと立って応援するのがこの席種のマナー。

外野席には応援団が常駐し、熱狂的なファンが多数いらっしゃいます。

みんなで応援歌を歌ったり「かっとばせ〜!柳田!」なんて声を出したり、メガホンでガンガン応援したりします。

試合前にはユニフォームやメガホンをゲットして、ワクワク感を高めるのもいいかもしれません。

デメリットとしては、応援の熱量がハンパないので圧倒されてしまうかもしれません。。

 

◆ゆったり静観したい方は、内野席がオススメ!

 この席種は比較的、ゆったり自分のペースで観戦したい方にオススメです。

一人観戦者や年輩の方、ファミリーが多かったりします。外野席と違い座っての応援です。

 

補足として、外野or内野 プラスαで「自由席」「指定席」も選ばなきゃなんですが、私は指定席をオススメします。自由席は、悲しいかな席を確保できないこともあるからです。

 

◆注意!暗黙のルール…席種には「ホーム側」「ビジター側」が存在。

野球観戦をする際、席種選びで注意して頂きたいのが「ホーム側」と「ビジター側」が存在するということです。

前置きとしてホームは「試合をする球場を拠点としている球団」ビジターは「試合相手の球団」です。

なので、ヤフオクドームに関していえばホーム側の席は、ホークスを応援する人が座るエリアとなります。ちなみに1塁側(ライトスタンド側)になります。

逆にビジター側の席は、3塁側(レフトスタンド側)となります。

ヤフオクドームの場合『ビジター応援席』が用意されているので、ビジターとして応援する場合はそちらの席種のチケットを購入するとよいでしょう。

 

【ステップ2】試合開始前を存分に楽しもう!

ヤフオクドームへ到着すると、ホークスの応援歌『いざ行け若鷹軍団』がエンドレスリピートで流れていて、テンションを上げてくれます。

応援グッズを売っているテントがドームを囲むように立ち並び、ホークスグッズを身にまとった老若男女様々な人たちが行き交う風景はまさにテーマパーク。

初めて行った人でも「これから始まるんだ」というワクワク感と熱気を感じざるを得ない空気感に包まれています。

 

◆満足度200%!?間違いなしの球場メシも魅力のひとつ

 試合開始前に吟味して欲しいのが『球場メシ』。

ヤフオクドームは入場ゲートをくぐると、まずは飲食ブースが立ち並ぶエリアがあります。

モスバーガーやケンタッキーフライドチキンなどのいわゆるフランチャイズ店もありますが、ドームに野球を観に来たからにはホークス選手とコラボしたメニューも食して頂きたいところです!

 

 

選手出身地のご当地モノのお弁当だったり、ちょっぴりダジャレテイストのものだったり…それぞれ別の店舗で販売されているものが多いので、ブラブラと球場メシ散策をしてみるのも楽しいですよ♪

 

 

  【ステップ3】さぁ試合開始!周りに合わせて応援してみよう!

 ヤフオクドームの場合、試合開始前に『スタメン発表』の時間があります。

ちなみにスタメンとは、スターティングメンバーの略。

最初から試合に出場する選手のことです。

ホークスのスタメン発表は、選手の紹介映像と共に応援団の掛け声も入り「よし、今日も勝つぞ〜」という一つの想いに、球場全体が向かう感じがワクワク感を加速させます。

f:id:suuulow:20171010142548j:image

 

◆応援スタイルは自由。周りに合わせて応援してみるのもオモシロイ!

野球は球団ごとに選手や球団の応援歌があります。

応援のかけ声もさまざま。

最初は何が何だかわからないと思うので、周りに合わせてメガホンをパコパコしてみたり、スグ覚えられるかけ声を一緒に言ってみたりするといいかもしれません。

 

あ、でも応援スタイルは自由なのでゆったり観たい!って方は無理に合わせなくてもいいと思います。

私の経験上、最初は静観していても周りの野球を楽しむ空気に、いつの間にかメガホンをバンバン叩いて応援してしまう…ということになってしまうかと(笑)

いつもと違う自分が出てくる瞬間でもあります。。。

 

◆7回裏のラッキー7でジェット風船を飛ばそう!

試合が佳境に差し掛かる7回。

ヤフオクドームでは7回裏が始まる前に『ラッキー7』というちょっとした応援タイムがあります。応援歌の後に黄色いジェット風船を飛ばす…いわば球場が一つになり選手たちを応援する時間といってもいいでしょう。

勝利すれば、試合終了後に白いジェット風船を飛ばすといった時間もあったり。

 

野球観戦は自分スタイルで楽しめる身近なエンターテイメント。

 ひと昔前の野球観戦は、ビール片手におっちゃんが野次とばしながらみる…という印象だったのですが、今は女性客、しかも20代30代の子がかなり多いです。ホークスに関していえば『タカガールデー』なる女性ファンの日もあったり、『鷹の祭典』や選手のトークショー、握手会があったりとイベントも多く、野球+αで楽しめるコンテンツが目白押しです☆

 

球場に行ったとして、必ずしも野球をずっと観ておかなきゃいけない…ってわけでもありません。

席の行き来も自由ですし、なんなら球場グルメとお酒を楽しみながら友人とおしゃべりするなんて楽しみ方もあると思います。

公共の場なので最低限のマナーは守りつつ、自分スタイルで野球観戦を楽しんでみてください。

f:id:suuulow:20171010140434j:plain

試合に勝利すると、勝利の花火の後にルーフオープンされます♪ 

これもまた楽しみのひとつ。

飽きさせない演出が常にドキドキワクワクさせてくれます。

一度行くと「また行きたい!」って思わせてくれる最高のエンターテイメント空間ですよ。

 

面白くてためになる。ホークスとプロ野球なるほど話題集 (TTS新書)

面白くてためになる。ホークスとプロ野球なるほど話題集 (TTS新書)

 

 

 

 

 

これからをもっと楽しく生きていきたい。アトピー性皮膚炎とうまく付き合っていく。

f:id:suuulow:20170829015927j:plain

私とアトピー性皮膚炎との付き合いは長く、物心ついたときから皮膚科に通っていたように思います。

生まれつきアレルギー体質で、保育園や小学校で給食時に配膳されるメニューが他の子と違うことに、嫌な思いもたくさんしました。幼少期のアトピーの症状は、膝の裏や首回り、腕の内側などの炎症で

比較的軽度でした。それに加え、トビヒや水泡なんかもしょっちゅうできていました。

 

そして、今までの人生で2度、人前に出るのがイヤなくらいアトピーが大炎上したときがあり、それらを乗り越えてきました。1回目は中学1年生のとき。そして2回目は30歳になりたての頃です。

今思い出しても、胸が痛むし涙が溢れてきます。

いや、本当にツラかった。。

 

私にとっては劣等感しかない『アトピー性皮膚炎』という病気。

アトピーが発症したことで、諦めたこともたくさんありました。だからひどかった頃の体験は親しい友人にも彼氏にも誰にも話したことありませんでした。

 

でも、なんでこのブログにアトピーについて書こうと思ったのかと言うと、最近同世代でアトピーで苦しんでいる人の声をよく聞くようになったからです。私はお医者さんではありませんが、自分の経験や

克服方法、普段気をつけていること等をここに書くことによって、同じくアトピーでツライ思いをしている方の何かしらのヒントになってくれたらいいなと思ってます。

 

 1回目の大炎上。中学1年で地獄を経験。

小学校6年生の後半ごろから、顔の炎症がじわりと増え始めました。

いろいろと見た目も気にする年頃だったので、それが余計にストレスでした。今思えば、この頃からアトピー大炎上に向けての兆候が出ていたのだと思います。そして中学校に入学し、アトピー大炎上。

この時から学校に行かず引きこもりに。

 

体全体をジュクジュクになるまで掻きむしり、掻かないように薬を塗って包帯を巻いても、包帯の上からまだ掻きむしります。お風呂に入るのがいちばんツラく、傷口からでる汁に包帯がくっついて剥がす時の痛みに「もうイヤだ」とワンワン泣きわめいて、看病してくれてた母親を苦しませてばかりいました。

 

◆絶望から希望へ。丹羽先生との出逢い

 絶望しかない日々の中、両親が藁にもすがる思いで見つけてきてくれた高知県にある『土佐清水病院』。ここの医院長 丹羽先生との出逢いが私を絶望から救ってくれました。

 

早速、福岡に出張診察にきていた丹羽先生の元へ。

「なんでこんなに酷くなるまで放っておいたんや?」と叱られる母。

そして「大丈夫、治してやるからな」の言葉に安堵し泣く私。

「即入院や、そして北九州は工業地帯で空気が悪いから土佐清水で転地療養をしなさい」と言われ、高知県は土佐清水市にある『土佐清水病院』へ入院し、症状が治るまでそのまま転地療養で住むことになりました。

 

中学生の私を1人で行かせるわけにはいかないと、転地療養に付き添ってくれた母、そして私のために母を送り出し幼い弟と妹を地元で育てることに決めた父親の強さには感謝しかありません。

 

治療方法は割愛させていただきますが、2週間ほど入院し

その後、病院の近くの家に住むことになりました。

▼治療方法はコチラに詳しく載ってました!

医療法人 修命会 土佐清水病院|癌|膠原病|アトピー|高知県土佐清水市

 

f:id:suuulow:20170829015631j:plain

 

周りを海と山に囲まれた自然溢れる空気の澄んだ土佐清水市。

地元の中学校に通いながら、病院にも通いました。

薬治療の他に、食事療法にも専念。

そして1年半後、傷跡の色素沈着は残っているものの痒みもほぼ無くなり、普通の生活を送れるようになったので地元北九州へ帰ることになりました。

この頃には、ステロイドと傷で固くなっていた肌が柔らかく普通の肌に戻っていました。アトピー肌の私にとって「普通」がどのくらい特別なことだったか。涙

 

2回目の大炎上。30歳になってから再発。

 23歳の頃から大阪での生活を始め、7年ほど経った頃、それまでアトピーの症状は、夏など汗をかいたりしたときに首回りに出たりするぐらいのかなり軽いものだったのですが30歳になった年に突如ものすごい痒みに襲われるようになりました。酷くなり始めたらあっという間。

 

1ヶ月も経たないうちに顔はただれ、足や手の肌がズル剥けるほど掻くようになっていました。

こんな状況で仕事にも行けず、一旦休養させてもらうことに。

薬を塗っても症状が酷すぎて効かず、掻きむしった部分が痛くて外に出るのもツラいほど。

 

f:id:suuulow:20170829015955p:plain

土佐清水病院の診療所が大阪にあったので行くと「これは即入院!」と先生に警告され、何十年ぶりかに土佐清水病院へ入院することになりました。

 

入院期間は2週間。

今までの自分を反省する日々。そして毎日たっぷり寝ました。

 

◆大人アトピーの原因は環境要因も大きい

診察によると、原因としては、めちゃくちゃな食事と夜遅くまでの仕事だったため睡眠不足とストレスだろうとのことでした。あとは普段からのスキンケア

要は自分自身の不摂生。。


ずっとアトピーの症状が出てなかったので、安心しきって不摂生に生きてきてしまった自分を責め、悔やみました。

 

アトピーとは一生のお付き合い。うまく付き合っていこう。

30歳の時に入院してからというもの「アトピーは一生付き合っていかなきゃいけない病気なんだ」と感じ、日頃からアトピーが再発しないような生活を意識して行動するようになりました。

 

●活性酸素を発生させないような食事

●十分な睡眠をとる

●ストレスをためない(ムリをしない)

●掃除をこまめにする

●保湿などのスキンケア

…など。

 

おかげで今の所、アトピー大炎上は起きてません。

でもやっぱり実践できない日もあります。

そういった日は私の場合、特に気にしません。

だってあまり気にしすぎるとストレスになっちゃうから。

 

「女」という性に生まれた以上、キレイでいたいし恋もしたい。

でもアトピーって見た目に出ちゃうから、自分の見た目に劣等感を感じたり病気を恨んだり、心も傷ついてる方が多いんじゃないかなって思います。

 

だからこそ、今後このブログでは私のアトピー経験や実践して効果のあった食事療法、「このスキンケアよかった!」などいろいろと書いていこうと思ってます。

 

あ、ちなみに普段私はアトピーのこと「アトピーちゃん」って"ちゃん"付けで呼んでます(笑)。一生付き合っていかなきゃいけないので、友達みたいな呼び名で。

その方が気が少し気ラクに付き合えるんです(^ ^)

 

夏を満喫!アラサー以上も楽しめる福岡の夏フェス4選!

f:id:suuulow:20170729111607j:image

うだるような暑さが続く日本列島。

九州生まれの私でも暑い夏はいちばん苦手な季節。

ニュースを観てると北海道でさえ35度を記録してしまうという
猛暑です。残念ながら、日本に住んでいる限り

四季から逃れることはできません。。

…ということでこうなったらとことんこの暑い夏を楽しんじゃえ!という

考えにシフトチェンジしちゃいました。笑

 

そ・こ・で!

「暑いのニガテ」「体力に自信なし」でも「音楽大好き」な

アラサー以上の皆さんが、楽しめる夏フェスを

おせっかい全開でご紹介します!

 

8/12(土) cocono fest.2017 

f:id:suuulow:20170728194439j:image

2015年からスタートしたフェス!

「九州の音楽はこんなにもカッコいいんだ」ということを

全国へ発信すべく、音楽好きの有志が集まり創りあげている

とっても気持ちのこもったイベントだと思います★

出演者は九州出身&ゆかりのあるバンド、ミュージシャンばかり。

音楽ライブの他にもアートの展示やフード販売もあります。

f:id:suuulow:20170726160550j:image

【HP】 cocono fest.|ここから始まる、九州ミュージックムーブメント

8/5(土) GOTTON JAM 2017

f:id:suuulow:20170726170550p:plain

ドレスコードは浴衣?!

時を重ねた趣きある飯塚にある、芝居小屋『嘉穂劇場』で

開催されるフェスです。劇場なので、席に座りステージを

鑑賞するスタイル。足腰に自信の無い方もゆったりと楽しめます★

『酒・音・浴衣の宴』というコンセプト通り、劇場内では地元筑豊の

酒蔵とコラボレーションした日本酒と筑豊の人気飲食店の

ご当地グルメが併せて楽しめちゃいます。

 

 f:id:suuulow:20170726160759j:image 

【HP】 GOTTON JAM 2017

9/2(土)&9/3(日) 宗像フェス 〜World Heritage Munakata〜

f:id:suuulow:20170728194458j:image

宗像と言えばつい先日、沖ノ鳥島との関連遺産群が世界遺産に登録されて

話題になっていますよね!

そんな世界に誇れる場所で開催されるフェスが『宗像フェス』です!

そして、何と言っても久保田利伸、大黒摩季、HYといった

アラサー世代(特に80年代生まれ)の青春ど真ん中なミュージシャンが

多数出演しちゃうのがこのフェスの素晴らしいところ!

たぶん…主催者は同年代なんじゃないかなぁと想像してます。笑

f:id:suuulow:20170726161047j:image

託児所(有料/事前申込要)もあるので、ファミリーで行くのもいいかもですね!

【HP】 2017宗像フェス World Heritage Munakata

 

 9/2(土)&9/3(日) Sunset Live 2017

f:id:suuulow:20170728194516j:image

福岡の音楽好きでこのフェスを知らない人はいないんじゃないかと

いうくらい福岡に根づいてるフェスです。

それもそのはず、今年25年目のイベントなんです!

会場は芥屋海水浴場・キャンプ場。心地よい音楽を聴きながら

大自然の中でゆらゆら音に身を委ねてみるのもいいのではないでしょうか。

f:id:suuulow:20170726161140j:image

【HP】25th Sunset Live 2017

 

 夏フェスこそ大人の遊び場!

福岡で開催される夏フェスを4つご紹介しましたが

「行きたい!」と思えるものに出逢えて頂けたら嬉しいです♪

30歳辺りって会社の中でベテランだったり、責任ある仕事を

任されたりで「しっかりしなくちゃ!」とグッと力を

入れることが多いのですが、夏フェスへ行って

いつもの自分を開放してあげるのもいいのではないかと

思います!夏フェス未経験の方も一度行ってみると

「また行きたい」と思うはず♪

 

 

 

 

日本遺産を巡る旅☆大分県日田市で江戸時代にタイムスリップ!

f:id:suuulow:20170712122456j:plain

行き当たりばったりな旅もいいけど、場所・食べ物など

それぞれ目的があって旅に行く方も多いのではないでしょうか。

今回の旅のテーマは『日本遺産を巡る旅』大分県は日田市の

日本遺産を紹介したいと思います。

 

日本遺産って何?

まだあまり根付いてない"日本遺産"についての説明を。

それもそのはず。。2015年からスタートしたものなんです。

「日本遺産(Japan Heritage)」は(地域の歴史的魅力や特色を通じて

我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」

として文化庁が認定するものです。
ストーリーを語る上で欠かせない魅力溢れる有形や無形の

様々な文化財群を,地域が主体となって総合的に整備・活用し

国内だけでなく海外へも戦略的に発信していくことにより,

地域の活性化を図ることを目的としています。

引用元:文化庁ホームページ「日本遺産(Japan Heritage)」について

 

日本には様々な文化財が点在しています。

点在している文化財を単体ではなく、面として捉え

ストーリーを設定し、それらを発信&活用し

地域創生の材料にしてくださいね、というものです。

 

今回ご紹介する日田市は『近世日本の教育遺産群-学ぶ心・礼節の本源-』

というストーリーで、茨城県水戸市の弘道館、栃木県足利市の足利学校跡、

岡山県備前市の旧閑谷学校と共に認定されました。

ちなみに日田市の構成文化財は下記のような感じです!

 

f:id:suuulow:20170707155425j:image

 

ちなみに、日本遺産に認定される上で欠かせない"ストーリー"は

下記のような感じです。

我が国では、近代教育制度の導入前から、
支配者層である武士のみならず、多くの庶民も読み書き・算術ができ、
礼儀正しさを身に付けるなど、高い教育水準を示した。
これは、藩校や郷学、私塾など、
様々な階層を対象とした学校の普及による影響が大きく、
明治維新以降のいち早い近代化の原動力となり、
現代においても、学問・教育に力を入れ、
礼節を重んじる日本人の国民性として受け継がれている。

日田には日本最初の私塾『咸宜園』があり、それを中心に

関連する町やスポットが日本遺産群として認定されています。

 

①江戸時代にタイムスリップ!豆田町で情緒を味わう。

 日田の日本遺産の構成文化財のうちの一つ、豆田町。

JR日田駅から徒歩10分程の所にあります。

ここは江戸時代からの町並みが残る情緒溢れるスポットです。

メイン通りは上町通りとみゆき通り。

京都のように通りがまっすぐで、碁盤の目のようになってるのも

この町の特徴ではないでしょうか。

10代20代〜ご年配の方まで幅広い層に人気があり、最近では

アジア圏の観光客もたくさん訪れています。

f:id:suuulow:20170710164357j:image

この町には電柱や電線が無く、景色を阻むものがないので

思う存分、景観を楽しむことができます。

お菓子屋さんや雑貨屋さん、お食事処や旅館なども

たくさんあります。

f:id:suuulow:20170710164356j:image

水郷と言われるだけあって、水路を流れる水も

透明でキレイ。

 

②日本の教育遺産群『咸宜園』で学ぶことの意味を知る。

豆田町のすぐ近くに、咸宜園跡はあります。

咸宜園は日田の儒学者、廣瀬淡窓が江戸時代に建てた日本最初の私塾です。

門下生には清浦奎吾(総理大臣)、高野長英(蘭学者)、

上野彦馬(写真術の先駆者)らがいます。

f:id:suuulow:20170712002419j:image

 

 『咸宜』とは「ことごとく皆よろしい」という意味。

ここでは、学歴や年齢、身分関係なく学びたい者は

誰でも入門できたそうです。

身分制度が厳しかった江戸時代、学問は武士の特権でした。

その中でこの教育理念はとても画期的だったのではないでしょうか。

 

資料館の展示や映像(4テーマ有/各10分程度)を観て、咸宜園について

知れば知るほど『学ぶことの意味』が徐々にわかってきます。

学生時代に出逢っておけば、勉強のオモシロさを知ることが

できたのかなぁ…なんて思ったり(苦笑)

f:id:suuulow:20170712003430j:image

咸宜園跡には、当時の学び舎は残ってないのですが

廣瀬淡窓が生活の拠点としていた『秋風庵』と『遠思楼』はあります。

歴史好きなら、どちらも心揺さぶられるつくりです。

解説員さんが居るので、ぜひ解説を聴きながら当時の咸宜園に

想いを馳せてみるのもいいのではないでしょうか。

※咸宜園跡は資料館入場無料、解説員さんの解説も無料です!

 

散策するのに使いたい。レンタサイクル!

豆田町、咸宜園跡と日本遺産を紹介してきましたが

豆田町もそこそこ広いので「すべて見てみたい!」と言う方に

オススメなのが、日田の観光協会がしている『ふれあいレンタサイクル』。

これ意外と人気あるみたいで、町なかでこの自転車に乗っている

観光客の方をよく見かけます。

f:id:suuulow:20170712010512j:image

参考▶︎ふれあいレンタサイクル | 一般社団法人 日田市観光協会

 

車でウロウロしてる方も見かけますが、土日は豆田町近郊の

駐車場は満車になっている場合が多いです。。

あと…車よりも自転車や歩きの方が路地裏散策もしやすいですよ。

今流行ってるフォトジェニック的なスポットも

たくさん見つけることができます^ ^

 

江戸時代からはちょっと離れちゃうけど

昭和の夏って感じの場所を見つけたのでUP!

これは豆田町の路地裏。

f:id:suuulow:20170712014911j:image

 

最後に。同じく日本遺産の構成文化財の一つ、

長福寺本堂もUP!豆田町の中に入り口があるので

フラリと拝観できます。

f:id:suuulow:20170712123240j:plain

 

 

地域を救うのは行政ではなく、私たち市民!空き物件を生かしたリノベーションまちづくり。

f:id:suuulow:20170607133218j:image

 

先日、日田市役所内で行われた『敷地に価値なし、エリアに価値あり』という

講演を聴いてきました。

 

講師は『小倉家守プロジェクト』でも知られている清水義次氏でした。

ちなみに不動産事業でまちを再生するという観点での講演でした。

 

清水さんの言う『リノベーションまちづくり』とは

〝今あるものを活かし、新しい使い方をして

まちを変え、多くの都市・地域経営課題を同時解決すること″でした。

 

そして、衰退したまちに息吹をもたらすためには

「私たち民間人が主体となって〝まちづくり″に取り組むこと」と

仕切りにおっしゃっていました。

 

魚町銀天街周辺のにぎわいを創った仕掛け人は

地元の家守チームだった!

講義を聴いていく内に『小倉家守構想』の話になり

小倉・魚町の人通りがめっちゃ増えたのはこの人が

仕掛け人だったのか‼︎‼︎」ということがわかり、1人ニヤニヤしてました。

 

ちなみに冒頭から出てくる『家守』とはなんなんだ?!という方も多いかと

思いますので、ここで清水さんの言う『現代版家守』の説明を。

清水さんがインタビューされていた記事から抜粋しました。

参考▶︎街元気 | まちづくりと中心市街地活性化の情報サイトまちづくりQ&A「現代版家守」によるエリア再生のプロデュース~清水義次(PART1)

 

「現代版家守」は一言で言うと、都市活動が衰退したエリアで、

空きビル・空き家・空き店舗などの遊休化した不動産を上手に活用して、

その地域に求められている新しい産業をつくり、まちを変えていこうとする

活動を行う職能です。

そもそも「家守」とは、落語に出てくる長屋の大家さんのことです。

江戸時代、不在地主に代わって家屋を管理する役割を担い、店子から持ち込まれた

ありとあらゆる面倒ごとの相談に乗ったりして、店子に慕われていたそうです。

江戸後期、家守が2万人いたという記録が残っています。

当時、江戸のまちの町人人口は60万人ですから、30人に1人の割合で家守がいて、

まちの維持管理をしていたんです。町人が自分たちのまちをつくり守るために、

幕府からお金をもらわずに独自にそういう仕組みをつくっていました。

 

 

話しを戻します。

10年ほどいた大阪から2014年に北九州・小倉に帰ってきてまず感じたのは

「あれ?魚町銀天街めっちゃ人おるやん!」という衝撃でした。

大阪へ出る前は魚町銀天街周辺はとても寂れたイメージでした。

いわゆるシャッター商店街というやつです。当然、人もあまり歩いていない。

当時、私もそうですが小倉区民が遊びに行くのは福岡市内の天神や博多が主流でした。

小倉で遊ぶなんて、そもそも選択肢にないほど(笑)

銀天街の裏通りに行くなんてもってのほか、怖い人や呑んだくれのおっちゃんしかいない

イメージで近づいたことすらありません。

 

そんな人の居ない通りに、現在人がたくさんいるということに

私は驚きだったわけですが、地元の友達や両親に訪ねてみても

「え?人増えとーかね?」ってな感じで相手にしてくれませんでした。

「北九州の人口は減り続けとーのに、なんで魚町は賑わっとるんやろ」という

疑問がずっと心の片隅にあったので、清水さんの講演を聴いてその疑問が

解決してスッキリ。

 

清水さんが講演中言ってたように、人が増えたことが市民に気づかれないくらい

地味で地道なことをコツコツと積み上げて、今の活気ある魚町になったんだと

想像してみると感動で涙が出そうになりました。

 

自分の愛するまちに活気が溢れるということは

本当に嬉しいことです。

 

プロジェクト | 北九州家守舎

f:id:suuulow:20170607133139j:image

 

まちを歩いてみよう!

リノベーションまちづくりの詳しいことについては

清水さんの書籍を読んだり、講義を聴いて頂くとして

まずは、自分たちが再生したいと思っているまちを歩いて

知っていくことが大切なんだと思います。 

 

まちは日々変わっています。

「あれ?こんな店あったっけ?」「ここにあったお店なくなったんだ…」

ゆっくりまちを観察していくと、ちょっとした変化に気づくはずです。

清水先生の本には『まちの中で新しい芽、新しいコンテンツが

生まれるかどうかを見つけだすこと』が大切だと書かれています。

 

例えばちょっとした路地裏に新しくできたカフェに

フラリと入ってカウンターに座り、店主さんに「どうしてここにお店を建てたのか」なんて

聴いてみたりして、調査してみると自分が思ってたのと違う答えが

返ってきてそれが新たなアイデアに繋がるかもしれませんね。

 

さて、早速日田のまちを歩いてみよう。