よ は く

30代をもっと楽しく!余白をほんのり彩っていくような生き方を。

憂鬱なんて感じてるヒマなし!?クリぼっちアラサー独女のenjoyクリスマス☆

f:id:suuulow:20171225231109j:plain

世間はすっかりクリスマスムード。

この季節どこもかしこもイルミネーションで彩られて、1人で過ごす人がなぜか『孤独感』『寂しさ』に苛まれる時期でもありますよね…

 

だけど30歳を過ぎてから、クリスマスに対して一気に興味が無くなってしまった私…。

きっかけは何なのか自分でも不明です。。何でだろう。歳のせいでしょうか…

いや…きっとクリぼっちに慣れてしまっているだけですね。

 

そんな中、こんなアンケートを発見しました!

こちらのアンケート調査によると『クリぼっちを寂しいと思わない』と答えた人が69.5%という結果に。自分と同じ種族の方が意外とたくさん居て安心しました(笑)

そして今年のイヴはどんな1日を過ごしたのかといいますと、これはもう例年になく充実した1日でございました。

そこで、今回はアラサー&独女のクリスマス・イヴの過ごし方を綴らせていただこうと思います!

 

【お昼】ソフトバンクホークス松田宣浩選手のトークショーに参加!

イヴ当日、溜まった疲れを取るべくお昼近くまでゆっくり寝てました。

そして地元北九州市にある小倉競馬場で、ずっと応援している野球チーム、ソフトバンクホークスの松田宣浩選手のトークショーがあるということで、小倉競馬場へ。

f:id:suuulow:20171225083907j:image

競馬場に着くと、今日は有馬記念ということもありたくさんの人がいました。

カップルはまばらで、男性6割:女性4割といったところ。

競馬場に着いた時点で、完全に頭から『今日はクリスマス』という意識が飛んでいました。

松田選手へのトキメキ力のおかげなのかもしれません。

f:id:suuulow:20171225082819j:image

松田選手が登場すると、観客席から「かっこいい〜」と黄色い声援が。

球場で観るよりかなり近くで観れたのですが、オシャレだしおしゃべり上手だし、背高いしカッコよかったです(^^)そして松田選手のトークショーが終わり、競馬場内をルンルン気分でお散歩。

大好きな小倉名物『揚子江の豚まん』が売店で販売されているのを発見。

迷わず購入しちゃいました。

f:id:suuulow:20171225084639j:image

私の手の平よりちょっと大きめ。
食べてる間、ぽとぽと流れ落ちるくらいのたっぷり肉汁。

食べるときはお手ふき必須です!

味付けは割と薄めで、女性でもペロリと食べることができます。

 

揚子江の豚まんをたいらげ、競馬場をひと通り堪能し一旦帰宅。

今回の有馬記念で『キタサンブラック』が引退するということを知り、競馬好きの父上と一緒にTV観戦。

キタサンブラックブラックは圧倒的な強さで逃げ切り1位に。

有終の美を飾った姿に涙がこぼれました。

 

【夕方】博多駅のイルミネーションに癒される。

 競馬をTV観戦したあとは、福岡市でライブを観ることにしていたので再度お出かけ。

天神行きの高速バスが競馬の影響でず〜っと満席のため乗れず、泣く泣く新幹線で移動することに。

博多駅に到着したら人・人・人!

f:id:suuulow:20171225204331j:image

博多駅前のイルミネーション。

写真を見る限り、カップルらしき姿が見あたらないような…

 f:id:suuulow:20171225205336j:image

ビルに映し出された雪の結晶かわいいです。

青の光ってなんか落ち着くなぁ…なんて思いながらしばらく眺めていました。

 

来年(2018年)1月9日までイルミネーションは点灯しているので、まだ行ったことない方にはぜひ一度見て欲しいなと思います。気持ちを浄化してくれるひとときを味わえますよ。

 

そしてふと我に返るとライブのスタート時間が迫っていたので急いで地下鉄に乗り会場最寄りの中洲川端駅へ。

 

【夜】ライブを観て感動。ジェラート&ミルクティーで至福のひととき。

◼️シンガーソングライター『ミドリカワ書房』のライブを観る! 

会場は中洲にあるS.O.Ra Fukuoka。オールド系の雰囲気漂うライブバーです。

お目当ては、シンガーソングライターの『ミドリカワ書房』さん。

 f:id:suuulow:20171225232436j:image

聴いてると情景が浮かぶ歌い手さん。これが沁みるのですよ。

メロディーもどこか懐かしい感じ。 


ミドリカワ書房「花火大会」

ライブはミドリカワさんの独特のペースで基本進んでいくんですけど、終始ご自身の歌を「しみったれた歌」と言ってるのが個人的にはツボでした。

「イヴなのにごめんなさいね」「大切な日に僕のライブなんかに来て頂いて」と自虐的ワードばかりでおもしろかったです。

そして、終盤戦になると手拍子あり大合唱ありと大盛り上がり!

熱量すごくて、じんわり汗をかいてしまうほど。いやぁ、本当に満足度200%

さすがのエンターテナーぶりで、お客さんみんな楽しそうでした。

ライブ終了後は物販コーナーで、お客さんに丁寧に対応しててすごいなーと。

サイン&写真撮影もされてました。素敵!

 ◼️中洲のgate′s7ビルにあるジェラート屋さん『VITO』に寄り道。

ほくほく気分のままS.O.Ra Fukuokaと同じビルにあるジェラート屋『VITO』へ。

中洲方面に行くときは、よく立ち寄るお店です。

f:id:suuulow:20171225215445j:image

ショーケースに入っている色とりどりのジェラートがワクワク感をそそります。

インスタ映え間違いなしですよね!案の定、店内には女子がたくさん居ましたよ。

ここに来ると私は必ずお気に入りの『ピスタチオ』を注文します。

今回はちょっと贅沢にダブルにして、もうひとつの味を『レモンタルト』にしました。

f:id:suuulow:20171225215731j:image

ピスタチオの濃厚クリームとレモンタルトの爽やかな風味が最高の組み合わせでした。

はぁあぁ美味しい…

お店情報▶︎ ViTOのジェラテリア店舗情報|ジェラート・アイスクリーム「イタリアン・スイーツ」

 

◼️大名のオアシス『タロカリ』で最高のフィニッシュを迎える。

gate′s7ビルから徒歩15分くらい歩くと程なくして、大名のオアシス『タロカリ』があります。

西通りの喧騒から離れた静かな場所にあって、隠れ家的なカフェです。

本当は誰にも教えたくなかったけど(笑)、誰かにとってもここがオアシスになってくれたら嬉しいのでこっそり伝えますね。

f:id:suuulow:20171225220944j:image

お家に帰ってきたかのようなまったりとした雰囲気。

見ての通りとても素敵な雰囲気なので、ライブだったり雑誌の撮影だったり、パーティーなどでよく使われてます。

f:id:suuulow:20171225221252j:image

ホットミルクティー。

店主のあかりさんは、博多弁で気さくに話してくれます。

この日は他にお客さんがいなかったので、2人で他愛もない話しで盛り上がり終始笑ってました。

こういう場所が一つでもあると、心が癒されますよね。帰ってくる場所というか…。

結局閉店近くまで話が盛り上がり「そろそろおいとましなければ」と帰ることに。

ちなみに笑いすぎて顔の筋肉引き締まりました(笑)

お店情報▶︎ タロカリ

 

とどのつまり、クリスマス云々関係なくその日を楽しんだもの勝ち!

ハードかつ充実した1日を送れたおかげで、今まででいちばん充実した1日でした。

でも、なんか自分がますます独り身街道を極めてる気がして怖い気もしますが…。


「クリスマスは恋人と過ごす」ということが、いつの間にか日本のスタンダードになってしまい、恋人がいない人が孤独を感じやすい世の中にあるのではないかと感じます。

でもそんなこと気にしなくてもいいんです。

冷静に周りを見ていると、いわゆる“クリぼっち”さんは案外たくさんいますよ。

 

逆にクリスマスだからこそ、おもしろいイベント(カップル向けではないもの)がたくさんあったりするので、来年もしお一人で過ごすときは近隣で開催されるイベント等を探してみるのをオススメします!

もちろん、お家でまったり〜もありです!

ストレスを感じない1日の過ごし方をしましょー。