よ は く

30代をもっと楽しく!余白をほんのり彩っていくような生き方を。

ふわふわケーキのようなかき氷が1年中食べられるお店、日田市『琴音庵』。

f:id:suuulow:20180805155818j:image

1年を通して、かき氷が食べられるお店がある!

しかもケーキのようにふわふわとした氷が旨い!

…と地元の人に聞いて行ったのが、大分県の日田市にある『琴音庵』(ことねあん)というお店。

1年を通してかき氷が食べられるなんて、アイスクリームを始め冷んやり系のスイーツに目がない方にはたまらないお店ではないでしょうか。

通年メニューはもちろんのこと、季節限定のかき氷がなんともフォトジェニックでキュートなんです◉

ふわふわかき氷の秘密にも迫ってみましたよ。

 

乙女心をくすぐる。2018年夏限定メニュー

■日田スイカのかきこおり

f:id:suuulow:20180805140955j:image

見た目がすいか そのもの!

地元の夏の特産品である『日田スイカ』をふんだんに使ったかき氷。

かき氷と一緒に、店主さんに塩を差し出されたときは、ギャグかと思いましたが「塩をかけて食べると甘みが増すよ」とのこと。

かき氷に塩?…と疑問に思いながら、塩をかけてみると…甘みが増したー!

より、すいか感がUPし、かき氷の食感がふわふわしてるので、なんかすいかを食べてるような気分になりました。


■3つのチーズとオリーブオイルのキャラメルナッツかきこおり

f:id:suuulow:20180805142943j:image

パルミジャーノレッジャーノ、クリームチーズ、マスカルポーネチーズを贅沢に使用したかき氷。

一緒に出されるオリーブオイルをかけて食べると、より上品でまろやかな大人の味に変化します。

とろっとろのクリームチーズ&マスカルポーネチーズが、ふわふわのかき氷と相まって、まるでケーキのような食感に幸福度が最高潮に。

 

通年メニューも見逃すなかれ、ドルチェかきこおりシリーズ

季節ごとに出されるメニューも魅力的なのですが、通年メニューもおさえておきたいところ。

琴音庵では、一般的にいうかき氷(氷+みつ)もあるのですが、特に人気のドルチェかきこおりシリーズで1年を通して食べられるものをここでは書き記したいと思います。

■レアチーズのかきこおり

f:id:suuulow:20180805145456j:image

レアチーズのソースがたっぷりかかっているこちらの逸品。

ふわふわのかき氷とチーズソースの相乗効果が、言葉にできません。。

これはもう、食べてもらって感じてもらうしかないのかも。


■お茶ティラミスかきこおり

f:id:suuulow:20180805150106j:image

日田のお茶処「日田製茶」のお茶を使用した逸品。

さわやかなお茶の風味とトロトロのマスカルポーネチーズのこってり感が、ちょうどいい◉

生クリームを食べているような、ふわとろ食感です。

氷の中には、お茶ソースと餡がサンドされていて、和スイーツ好きならずとも食べる価値ありですよ!

 

冬には溶けないかき氷も。

f:id:suuulow:20180805153121j:image

え!?かき氷って、氷やけ溶けるやろ?

って思う方もたくさんいるかと思いますが、琴音庵だからこそそれができるのです!

写真表面は、クリームブリュレのようにさっくり焼き上げられていて、中には氷、温かいクリームと3階層になっていて、温かい冷たい温かい…といった不思議な感覚になります。

こちらもぜひ食べてみる価値ありのありです。

 

ふわふわかき氷の秘密。

 

「なんでこんなに、かき氷がふわふわしとるんやろ?」と思ったので、店主さんに聞いたところ「地元の薫長酒造で使われている水で氷を作ってる」のだそう!

薫長酒造は、地元の老舗酒蔵。

水郷(すいきょう)と呼ばれる日田の天然井戸水を使用して作られるお酒は、まろやかで美味しいと評判です。

そんな老舗酒蔵からのお水で作られた氷だから、このふわふわ感が出るのですね!

 

まとめ。

f:id:suuulow:20180805160728j:image

琴音庵のかき氷、いかがでしたか?

これは食べたくなる方も多いのではないかと思います。

かき氷…というよりは、ケーキのような、新たなスイーツとでもいいましょうか。

日田市は大分県ですが、福岡から車で1時間30分もあれば着く町です。福岡空港からも近い!

ちょっとした休みを利用して行ってみるのもいいかもしれませんね。