よ は く

30代をもっと楽しく!余白をほんのり彩っていくような生き方を。

【ライブレポ】磯貝サイモン×TEAM SURPRISE ライブ@福岡LIV LABO!

f:id:suuulow:20181201210342j:image

11月25日(日)、シンガーソングライター『磯貝サイモン』さんの福岡公演のお手伝いをさせて頂きました。

あまりにも素晴らしかったので、お仕事や諸事情などで来れなかった方たちや、まだ知らない誰かにも届けたいと思い、サイモンさんに「ブログを書いてもいいでしょうか」と尋ねてみたところOKを頂けましたので、微力ではありますがレポートさせていただきます!

磯貝サイモンの干支1周記念TOUR in 福岡LIV LABO

f:id:suuulow:20181201191710j:image

今回のツアー『磯貝サイモンの干支1周年記念TOUR』は、磯貝サイモンさんのデビュー12周年を記念して、札幌・仙台・大阪・名古屋・東京・福岡の計6ヶ所で開催。

基本、ワンマンライブのツアーなのですが、福岡公演は特別に地元で活動している7人組コーラスグループ『TEAM SURPRISE』さんとのコラボレーションでした!

 

TEAM SURPRISEさんとのコラボにより、オーケストラのような壮大さが加わり、それはもうワクワクしました。やっぱり音楽って表現の可能性が無限大にあっていいなって。

リハーサルのときから、皆さんで楽器や歌、コーラスチェックを入念に重ねていきます。

ピリッと張りつめた空気…というよりは、みなさんリラックスして音合わせを楽しんでるかのようでした。

■TEAM SURPRISEさんのライブ!

磯貝サイモンさんのオープニングトークから本番がスタート。

小さなお子さん〜大人の方まで、満員のお客様で会場は埋めつくされておりました。

まずは、TEAM SURPRISEさんから。

f:id:suuulow:20181201193028j:image

実はこの日、TEAM SURPRISEさんにとっては初のアコースティックセットでのライブだったそう。

オケやバンドで歌われているときの雰囲気とはまた違って、温かみというか、まろやかさが加わってとても心地よかったです。

メンバーさんみんなが歌うことを楽しんでいて、それがお客さんにも伝わり、会場の熱量は終盤に差しかかるにつれて高まっていきます。

V6の『WAになっておどろう』楽しかったな〜。

最後の方は座席が着席スタイルにも関わらず、お客さんも立って大盛り上がり!

 

■磯貝サイモンさんのライブ!

f:id:suuulow:20181201194856j:image

そして、熱気を帯びたまま磯貝サイモンさんのライブへ。

詳しいセットリストは伏せさせていただきますが、ピアノの曲、ギターの曲、POPな曲、しっとりした曲と様々な音楽を演奏されていました。

昨年亡くなられたおばあちゃんの歌では、泣いているお客様が多くいて、歌い終わったサイモンさんが「なんかしっとりし過ぎちゃいましたね…」と優しく言っていたのが印象的でした。

気持ちがこもってる歌って、心にスーッとしみ込んできますよね。

 

また、MCで「今日はホークスの日本一のパレードがあるということで、確か去年もまったく同じときに福岡でライブがありましたよね!」とおっしゃっていて。

確かに。振り返ってみると、昨年のホークスの日本一優勝パレードがあった日にサイモンさんライブが福岡であったなぁ…ということを思い出しました。

サイモンさんは全部で9曲ほど歌い、TEAM SURPRISEの皆さんが再びステージへ。

 

■磯貝サイモンfeat.TEAM SURPRISE

f:id:suuulow:20181201200547j:image

まずはゴスペルと言えば!な一曲『Oh happy day』から始まりました!

10人それぞれが奏でる音(歌)は、ファンキーでテンポよくお客さんも思わず手拍子。

そして次の曲は、サイモンさんがMCで「洋楽を聴いて育ったわけではないのですが、大人になってこの歌詞の意味を知って、いい歌だなと思って」と歌う『Man in the mirror』。

あとで歌詞を調べてみたのですが、メッセージ性が強く心突き動かされる歌詞でした。

(興味のある方はぜひ、ググってみてください!)

コラボ4曲は、それぞれの音が折り重なるとても素晴らしいもので、サイモンさんもライブ中に何度も「福岡だけのシリーズとして、またコラボやっていきたい」と言ってました。

 

アンコールも合わせると気づけば3時間半のボリュームたっぷりのライブでした。

帰りもサイン会に参加されるお客様が多数いて、終始HAPPYな空気が漂っていたのでした。

サイモンさんの言っていた通り、ぜひまた福岡だけの特別編成でTEAM SURPRISEさんとのコラボライブをやっていただきたいものです。

 

最後、会場を出る前に撮影した1枚。

皆さん、とびっきりの笑顔で、福岡公演がどれほど充実した時間だったかがこの写真から伝わってきます。

 

次回の福岡ライブ、2019年3月開催決定!

2019年の福岡でのライブ開催も決定しております。

しかも、昼&夜の1日2回公演です!

【概要】『Simon's Little Town 3

日付|2019年 3月17日 (日)

会場|music bar S.O.Ra. Fukuoka

時間|(昼)OPEN 13:30 / START 14:00 (夜)OPEN 17:00 / START 17:30

料金|全席自由¥4,800 (税込、別途1ドリンク)

【注意事項】

※整理番号順での入場となります

※別途ドリンク代が必要となります

※3歳以上チケット必要 

※会場内での撮影・録音は禁止

※会場内禁煙

【問合せ】092-402-0001(music bar S.O.Ra. Fukuoka)

 

★★チケット情報★★

<券売日程>【磯会先行受付】12/15(土)12:00~12/23(日)23:00 
磯会会員受付

1次プレオーダー受付|1/5(土)12:00~1/9(水)23:00

2次プレオーダー受付|1/19(土)12:00~1/23(水)23:00

一般発売|2/2(土)12:00~ 

http://isogaisimon.net/live/

磯貝サイモンプロフィール

f:id:suuulow:20181201204132j:image

まだ『磯貝サイモン』さんを知らない方のために、プロフィールをご紹介します!

1983年9月20日生まれ

神奈川県相模原市出身(幼少時代を北海道釧路市で過ごす)

シンガーソングライター。名前は本名。

父親がサイモン&ガーファンクルの大ファンで名づけられた。

2006年メジャーデビュー。

アルペンCMソングとなったデビュー曲「君はゆける」は、全国のラジオ30局以上のパワープレイを獲得。

優しさと力強さがかわるがわる顔を見せるような二面性を持つ歌声は、特に弾き語りライブにおいて定評がある。

ギターやピアノ以外にも、レコーディングではドラムやベースも演奏し、時々ライブでも披露される。

2014年、亀田誠治・山村隆太(flumpool)・阪井一生(flumpool)が中心となって結成されたバンド、

「THE TURTLES JAPAN」にPiano & Keyboardとして加入する。

2016年、デビュー10周年を迎え、渋谷TSUTAYA O-EASTで10周年記念ライブを開催。

2017年、4th Album「sponge-like」をリリース。

自身の音楽活動に加え、楽曲提供やプロデュースなども行っている。

特に女性アーティストに提供する女性視線での歌詞は人気が高い。

様々なバンド・アーティストのツアーサポートも務める。

本人が語る夢は「死ぬまで歌い続けること」。

引用元:磯貝サイモン オフィシャルホームページ

 

【おもな楽曲提供】

○嵐『秘密』(作詞・作曲)

○Kylee『CRAZY FOR YOU』(作詞・作曲)

○KARA『ウィンターマジック』『バイバイ ハッピーデイズ!』(作詞・作曲)

○ナオト・インティライミ『ナイテタッテ』『LIFE』(共作詞)

○NHKみんなのうた『はんぶんおとな』(作曲・編曲)


【おもなツアーサポート・アレンジャー・プレイヤー参加】

flumpool、ゆず、大塚愛、Skoop On Somebody、レキシ、椎名慶治