よ は く

余白をほんのり彩っていくような生き方を。

ホークスの応援もより楽しく!新しくなった福岡ヤフオクドームをご紹介!

f:id:suuulow:20190917152254j:image

2019年に福岡移転30周年を迎えた『福岡ソフトバンクホークス』。

そんなソフトバンクホークスの本拠地である福岡ヤフオク!ドームが大規模改修をし、かなりのエンターテイメント空間になっています。

…ということで、まだ行ったことがない、「興味はあるけど…」という方に向けてレポートしたいと思います。

 

世界最大の表示面積を誇るビジョン!

f:id:suuulow:20190815114950j:image

ヤフオク!ドームの中に入って、圧倒されるのはビジョンの大きさ。

公式ページによると…

幅5m・高さ5mを拡大し(896.5㎡、現状の約1.7倍)、さらに、世界最大の表示面積ビジョン(3面合計:1535.5㎡)へと入れ替え、球場内スピーカーは3Dデジタル立体音響システムの最先端スピーカーを導入します。(5面合計:1923.1㎡)

実際、ドームへ試合を観に行くと、音の迫力と画面に映し出された映像のクオリティーが半端なく、野球の試合が映像と音で、かなりエンターテイメント性が高く演出されています。

f:id:suuulow:20190815113019j:image

選手がバッテリーに立つときに映し出される映像もこんなに鮮明です。

試合開始前、その日出場する選手の発表が大画面に映し出されるのですが、とても臨場感があり、試合に向かうワクワク感や士気を高めてくれます。

 

福岡の新名所誕生?!『やまや めんたいこBOX』

f:id:suuulow:20190917140841j:image

今回のリニューアルに伴い、新たに登場したのが『やまや めんたいこBOX』!

福岡といえば!な『めんたいこ』をモチーフにデザインされた観戦シートです。

1つのBOXに6名まで座れます。

f:id:suuulow:20190917141147j:image

これは「福岡に来た感」が表現できるフォトジェニックなスポットですよね。

また、観戦特典として、めんたいこを堪能できるオードブル付きなんだそう。

やまやの明太子は地元にも愛されている明太子なので、地元人から見ても贅沢な席ではないかなと思います。


☆チケットはこちら▶︎タカチケット

 

タカポイント会員も入場OK!会員専用ラウンジ『FAN’S SQUARE』

f:id:suuulow:20190917150549j:image

『FAN’S SQUARE』はクラブホークス会員・タカポイント会員専用のラウンジです。

「会員専用」と聞くと敷居が高く感じてしまいますが、そんなことはありません。

クラブホークスはファンクラブなので年会費が必要となりますが、タカポイント会員はスマホで無料で登録できるお得感満載の会員システムなので、どなたでも気軽に登録することができます。

www.suuulow.com

ちなみに『FAN’S SQUARE』への入場は、基本「事前予約」が必要になります。

当日受付に関しては、試合開始時点で空席がある場合のみ受付けるのだそう。

 

◾︎「ここだけ」のサービスがすごい

f:id:suuulow:20190917150545j:image

写真向かって右側に並んでいるドリンクサーバー、お菓子は無料メニューでした。

ドリンクはソフトドリンク、コーヒーが用意されています。

お子様連れだったり、あまりお酒を飲まない方にはこの上ないサービスですよね。

もうこれだけで満足してしまいそうです。

ちなみに、お酒やおつまみ、軽食類は有料メニューとして用意されています。

しかもフードメニューは日替わりでタカポイント交換でも利用できます。

 

◾︎最高のビュースポット!

f:id:suuulow:20190917150542j:image

ラウンジからは、野球観戦をすることも可能です。

テーブルのあしらいも凝っていて、ホークスファンにはたまらないデザインになっています。

ここで観る野球は、また格別なんでしょうね。

応援席とはまた違った雰囲気を味わえるので、一度ここから応援してみることをおすすめします!

 

◾︎こだわりのインテリア

f:id:suuulow:20190917132717j:image

設置されているテーブルには選手の背番号が印字されているものも。

これは「9」なので、柳田悠岐選手の背番号ですね。

f:id:suuulow:20190917132722j:image

ボール&バットでデコレートされているテーブルや野球クッションもかわいいです。

細部にこだわっているので、「あ!これも野球のあしらいだ!」なんて発見も楽しいですよ。

f:id:suuulow:20190917142154j:image

ちなみにお手洗いのドアはこんな感じでした。

ドアの取っ手はベース型、女子&男子を表すマスコットも野球を思わせるものでした〜。

 

観戦席へ向かうワクワク感が高まるコンコース。

f:id:suuulow:20190917143217j:image

観戦席へ入場する前、誰しもが通るコンコース。

今回のリニューアルに伴い、とってもかっこよくなっています!

f:id:suuulow:20190917143559j:image

これは8ゲートで撮影したもの。

柳田悠岐選手、千賀滉大投手のモチーフです。

f:id:suuulow:20190917144741j:image

1ゲートには、ソフトバンクホークスの「Sh」のロゴがあしらわれた人工芝が。

f:id:suuulow:20190917143729j:image

6ゲートにて。

花で九州を表現しています。華やかで写真スポットにもいいかもしれません。

f:id:suuulow:20190917144057j:image

7ゲートには水彩画風の壁面が。

ヤフオクドームが描かれています。

f:id:suuulow:20190917144012j:image

選手が走っているのを見守るふうさん&こふうさん。

ちょっぴりシュール。

 

紹介した各ゲートの魅力以外にも、まだまだたくさん潜んでいます。

ちなみに先日テレビでは、ヤフオクドームのお手洗いなどに施された“隠れた”装飾が特集されていました。

f:id:suuulow:20190917145144j:image

お手洗いまでもエンターテイメント空間に変えてしまうとは…。

ソフトバンクホークスは、遊びゴコロくすぐる粋な会社だなと思います。

 

野球を観にいくのももちろんですが、隠れたこだわりの装飾を探してみるのも、ドームの楽しみ方のひとつとしていいかもしれませんね。

 

最後に。

ヤフオクドームのリニューアルについてレポートしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

福岡市は観光スポットがいくつかありますが、野球に興味ない方も、これからは『福岡ヤフオクドーム』も観光スポットの一つとして遊びに行かれるのもいいのではないかと思います。

そして、ホークスファンは、野球と一緒にドームというエンターテイメント空間を楽しみながら、福岡ソフトバンクホークスの応援をしていきましょう。